2010年9月30日 のアーカイブ

誰が日本国家を支配するのか

2010年9月30日 木曜日

定例勉強会「誰が日本国家を支配するのか」を昨日、開催した。毎月月末に16時30分から18時30分の2時間、佐藤優氏を講師としてテキストの読み合わせ形式で勉強をしている。私が逮捕されたのが1月15日。ちょうど3か月後の4月15日に勉強会を開始した。佐藤優氏は「歴史は反復する。現実の政治の中で起きていることがなぜ起こっているのか。今後どうなるのか。どう解決を模索したらよいのか。歴史の中から学んでいくことが大切であり、自民党政権を超える政治をするためには知的レベルを上げていくことが大切」と指摘した。多くの民主党議員や私の政治活動を応援していただいている方々、また佐藤優ファンの方々に参加していただいている。

当初はマックス・ヴエーバーの「職業としての政治」、今はカール・マルクスの「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」を題材にしている。この本は男子の普通選挙が実現した共和制下のフランスで、ルイ・ナポレオンのクーデターが成功したがこの独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得たのはどうしてなのか。このメカニズムを独特の皮肉交じりの語り口で語っているものである。昨日の勉強会ではブルジョア共和派が政権を握るといつのまにか王政支持に変わったことと現在の民主党政権を比較し権力を握るということはこういうものだと解説されていた。官僚政治から政治家主導へと言っていた政権がいつのまにか官僚に取り込まれているのではないかということである。

菅政権は今回の中国船船長釈放問題で政治主導でなく検察の判断で釈放したことを強調している。検察が外交問題を考慮したということになる。私は勾留中の取り調べの中で検事から言われた言葉を忘れることができない。「コストをかけた政権交代をつぶしていいと思いますか。思いませんか」。突然の言葉に私は驚いた。言われた意味がよくわからなかったからだ。要は水谷建設からの裏献金を認めることで事件の構図がすっきりすると。国民が期待した政権交代をつぶしてはいけない。ここで検察が描いたストーリー通りの事件が立証されることで小沢一郎代表(当時)が政界から去りきれいな民主党が政権運営をしていくことが日本社会にとって望ましいことだということだろうと話しているうちに理解できた。ここから検察が時の政治を左右する権力を持っているんだという自負がうかがえる。政治が間違った方向に行った際には我々が軌道修正するんだと。しかし間違った方向に行っているかいないかは国民が判断することである。

政府は検察の判断を強調しているが問題への取り組みが適切だったかどうかは別にして菅総理は政治判断によって決断したとすべきであった。検察が更に日本国家を支配していくことが危ぶまれるからだ。前田検事の言葉として(報道ベースであるので断定はできないが)「厚労省を腐りきっているから立て直さないと」という主旨の発言をしていたと書かれていた。ロシア大統領が北方領土訪問を表明した。中露の連携によりゆさぶりがかけられている。

菅政権は目測を誤らず対処しなければならない。