2010年10月5日 のアーカイブ

検察審査会議決

2010年10月5日 火曜日

東京第五検察審査会が小沢一郎民主党元代表に対して起訴すべきであるととの議決を出した。

裁判員制度の導入そして検察審査会制度に強制起訴権限の付与と司法制度の変更に伴い国民の司法への参加が進んでいる。昨年の制度変更後、強制起訴された事件、事故は3件である。兵庫県明石市の歩道橋事故、JR福知山線の脱線事故、沖縄の会社社長による詐欺事件だ。比較的マスメディアに大きく取り上げられ被害者が多数いる案件である。陸山会事件は4件目だ。今回の議決には様々な意見があるが起訴という判断は大変重い。

裁判員や審査員の方々に対して報道に接するなというのは不可能である。小沢氏がテレビ番組で検察審査会を素人の方々が判断したことと批判したことが影響があったのではと神洋明弁護士は指摘する。大きな事件を扱う場合に裁判員や検察審査会委員に大衆が(メディアとも言える)期待する結果に反する結果を出してしまっていいいだろうかという気持ちが深層心理にないとは言えないであろう。証拠に基づいてとのことであるが私自身も水谷建設の現金授受問題の件では全くの捏造証拠でありそのようなものも審査判断に入れられている可能性もある。

審査会では審査対象の容疑者の言い分を聞く仕組みは無い。検察審査会の判断は尊重しなければならないが裁判結果ではない。本当は罪を問えない人を市民感覚では違うということで法廷に引き出してしまう恐れもある。裁判官時代、再審無罪が確定した「徳島ラジオ商殺人事件」に関わった秋山賢三弁護士も「強制起訴制度が公訴権の乱用になりかねない」と語り、制度が新たな冤罪を生むことを危惧している(10月5日毎日新聞)。