2010年10月25日 のアーカイブ

補欠選挙

2010年10月25日 月曜日

北海道5区補欠選挙は自民党候補が勝利した。

12万票対9万票の3万票差で中前候補は涙を飲んだ。国土交通省を退官しての戦い。安定した公務員を退職して挑んだ選挙であったが政治と金の問題や尖閣諸島問題の対応など国民から厳しい目が向けられた中での選挙戦であった。補欠選挙は総力戦であり時の政治情勢が大きく作用するので個人対個人の戦いより政党間の戦いになる。中前さんはすばらしい候補であったと思うが政党間の戦いの中に埋没してしまったと思う。

しかし準備期間が短い中で知名度の無い中で私は善戦したと思う。

私自身は離党していることもありまた政治とお金の問題の当事者でもあるので先頭に立って応援することが出来なかったので申し訳ないと感じている。

私も最初の戦いは3万票以上の差で敗北した。中前さんと同じく大物候補相手の選挙戦であった。敗戦が決まったと後、夜中に選対から宿泊先のホテルまで歩いて帰った。その際にタクシーの運転手さんからまた頑張れよと声をかけていただいたのを覚えている。翌日からあいさつ回りを開始し捲土重来を誓った。

中前さんも家族を抱えこれから当時の私以上に大変だと思う。しかし9万人が期待を寄せてくれた事実は重い。

是非、今後も頑張って欲しい。