第五旅団創立記念日

自衛隊の第五旅団創立記念日に出席した。

新党大地の浅野衆議院議員、自民党の宇都参議院議員の後にご挨拶の機会を頂戴した。

私はあいさつの中で口蹄疫の終息に向けて陸上自衛隊員の献身的な活躍があったこと。また日中では尖閣沖での衝突、日ロでは大統領の北方領土訪問、北朝鮮では世代交代による国内情勢の不安定化などがあり北の守りがより大事になると申し上げた。

毎月、一回防衛勉強会を開催して内外の情勢把握に努めている。もちろん戦争のない、武器のいらない平和な世の中が私の理想であり出来るだけ防衛費の削減に努めていきたいが現状ではそのようにはいかない。国民の生命と財産を守るためのコストの確保はどうしても必要であるからだ。

口蹄疫の問題を取り上げたのは十勝が酪農・畜産王国であるからだ。もし何か発生したら大変なことになるが最悪の事態を想定しておかなければならない。その時にはどうしても自衛隊の力に頼らなければならない。

十勝や道東の地域の防災のためにも第五旅団の皆さまには頑張ってほしい。

コメントは受け付けていません。