2010年11月9日 のアーカイブ

プロ野球の衰退

2010年11月9日 火曜日

今年の日本シリーズはロッテが日本一に輝いた。

私はニュースでしか見ていないがロッテがクライマックスシリーズで3位からの逆転優勝で勝ち上がってきたこと。またシリーズでは延長15回での引き分けがあったりなど盛り上がる要素は十分であったと思う。

しかしながら今年の日本シリーズは地上波での放送が3試合も無し。昔では考えられないことである。私自身もプロ野球を見ないようになって久しい。小学校から大学まで野球をしていたので野球は大好きであり学生時代までは新聞のスポーツ欄を隅から隅まで読んでいた。打撃10傑や防御率トップテンなど頭に入るくらい野球が好きだったが社会人になってから見ないようになってしまった。

私と同様に昔は野球ファンだったがいつしか見なくなってしまったという人も多いと思う。もちろん仕事が忙しくなってしまいテレビが見れなくなったという方も多いかもしれないが趣味の多様化やサッカーブーム、または人気選手の大リーグへの流出などが考えられる要因である。

プロ野球と大相撲。国民の二大娯楽スポーツに人気のかげりが出てきている。大相撲は賭博事件で体質の転換を迫られている。プロ野球もあぐらをかいていられない。国民が野球中継を見たいと思うような改革を行わないとプロ野球の存続そのものが危機に陥る可能性がある。