2010年11月14日 のアーカイブ

農業者と議論

2010年11月14日 日曜日

昨日は豊頃町の農業者の方と意見交換した。

TPPについての話が中心になった。

日本は自由貿易を否定できるのか。答えはノーである。日本は自由貿易の恩恵を受けて今日まで世界第2位の経済大国として君臨してきた。自動車や半導体など日本の輸出産業が不振になれば日本経済が失速するのはわかることである。だからこそ今回のTPP開国論が出てくる。このままでいいのかと。今こそ明治維新以来の開国をすべきだと。大河ドラマで坂本竜馬を扱っているせいか幕末になぞらえる表現が多い。

危惧するのは経済界対農業界という対立構図になっているように見えるからである。日本の発展のために自由貿易を促進すべきという経済界に対してこのままでは農業が破壊され地域も破壊されてしまうという農業者という構図である。そしてTPPに反対しているのは守旧派であり幕末で言えば時代の見えない尊王攘夷の輩のように見えてしまうのである。

このような事がなぜ起きてしまうのか。まずは総理の戦略がしっかりしていないこと。そして国民に正確な情報を出していないことが挙げられると思う。内閣府、経済産業省、農林水産省の出している数字が全部違うのだからみんな都合のいい数字を使い自分の主張を通していくのだから話がまとまらないのである。

国民が幸せになるのはどちらなのか。ここが一番大切である。国家では無い。あえて言えば国民一人一人が幸せになるかである。TPP締結により国民が幸せになるのであれば締結すべきである。

しかし現段階では私は憂慮しているし反対である。締結により輸出入が増え景気が上向いても今のままで国民生活が向上するであろうか。派遣労働者が増加し賃金が下がっている中で大企業を中心に再配分の仕組みを考えていくことを模索しないと中小零細企業は値切られサラリーマンの給料は上がらないままではないのだろうか。そして農業を強くするための仕組みを作り予算を確保できる体制を作ることのほうが先ではないか。

私は時間はかかっているがWTOで決着していくべきと考える。