2010年12月1日 のアーカイブ

らくらく通院

2010年12月1日 水曜日

路線バスを見て長年感じてきた事がある。ほとんど乗車客が乗っていない。空気を運んでいるようなバスをよく見かける。しかしながら廃止するわけにはいかない。私の地元ではふるさと銀河線という汽車路線が廃止されているのでバス路線が廃止されると住民の移動手段が車だけになってしまう。住民の足を守るためにどのように改革をすべきか。前回の衆院選でらくらく通院というのを私はマニフェストを掲げた。

行政と病院と民間バスやタクシー会社との連携を進めるということだ。

当別町でお手本となる取り組みがなされている。

支援の取り組みに対する国の補助金が今年度で終了する。

何とか全国の過疎地域の住民の足の確保のために頑張りたい。