2010年12月21日 のアーカイブ

障害者雇用

2010年12月21日 火曜日

 土曜日に本別の小川建設工業の産業廃棄物管理型最終処分場の新施設竣工式に出席した。

 処分場の場所に選定された足寄町芽登地区の住民の皆様の理解がありスタートできることになった。どこかには必要な処分場である。本別町の会社が本別に作らないでなぜ隣の足寄町にという思いも酪農家の多い地域柄あったということであったが両町の架け橋の施設にという意味で隣人というアイヌ語のアウンクルという単語を名称に入れたということであった。

 以前、小川社長からは障害者の雇用につなげたいと相談されていたので私も出来る限り協力したつもりなので竣工にこぎつけて本当にほっとしている。

十勝管内でも障害者の方々が働ける分野というのは決して多くない。体力的な問題等もあり出来るお仕事も限られてくる。新得町の施設にお伺いした時にびっくりドンキーのハンバーグの鉄板の下に敷く木の板を作っているところを見せていただいたことがある。いろいろな会社が障害者の雇用に役に立っているものだと感じた。

 都市部と違い田舎で障害者の雇用を確保することは容易ではない。

 田舎で雇用を確保できるような法制度の更なる整備も必要だ。