2011年1月21日 のアーカイブ

AERAの小沢一郎論

2011年1月21日 金曜日

今週号のAERAに私のインタビュー記事が掲載されている。

 石川知裕の小沢一郎論というものだ。産経新聞の某記者からお誘いを受けて懇親会で語った内容が面白いということにな特集を組む事になった。

私は秘書時代は秘書は黒子に徹すべしという考え方であったのでテレビや新聞で小沢論について語った事は無い。

またあまり目立たないようにしていたので逮捕時に秘書時代の私の映像を探すのにマスコミも苦労したようである。

しかし小沢一郎議員辞職すべしの声が多い中で総理にふさわしい政治家ナンバーワンとなっている現状を見ると国民は小沢一郎が抱えている政治と金の問題を早くクリアして政治の舵取りをして欲しいという声の表れと私は思っている。

日本の歴史の中で現在は大きなパラダイムシフトの中にある。この歴史的転換点においては強いリーダーが必要であると国民が感じているからこそ小沢一郎が死なないのであろう。

多少なりとも近くで仕事をした私なりの小沢一郎論を是非ご一読いただきたい。