2011年3月16日 のアーカイブ

被災者と公判日程

2011年3月16日 水曜日

弁護士より大久保さんが元気とのメールをもらう。

避難リストに名前があったのでとりあえずはほっとしたがが弁護士から家族全員無事と聞き改めてほっとした。

避難所の方々からも頼りにされているとのこと。

暗いニュースが続く中で久しぶりの明るいニュースだ。

但し、公判が23日に控えているがどうなるのだろうか。家も何もかも流されている状況下において東京まで出廷しなければならないのだろうか。法的にどうなっているのかはわからないが生活が落ち着くまで見合わせてもらうことは出来ないのであろうか。

非常事態に備えて

2011年3月16日 水曜日

福島原発の状況が一進一退を続けている。

ガソリンの買い占めや食料品の買い占めがおきている。被災地の方々への影響を考えて出来るだけ控えてほしいと思うし政府が全力で対処にあたっているので今は信じるしかない。

しかし一方でどんな状況になっても国家行政機能が機能するようにしておくこと。国民の希望を失わせないようにすることが大事である。

総理大臣が死亡、または職務が遂行できない場合には首相臨時代理が職務を代行することになっている。小渕恵三元総理大臣が脳梗塞で倒れた時に青木幹夫官房長官を指名したがきちんとした手続きによるものではなかったので批判を浴びた。

この時の反省をふまえて首相臨時代理を順位5位まで置くようになっている。

現在、もし最悪の事態になった場合には官邸機能をどこに移動すべきか、皇居をどこに移動すべきか考えなければならない。

杞憂に終わればいいが今後のことも考えていずれ議論をしなければならないであろう。