りんごの唄

秘書の弟さんの結婚式にご招待を受けたので参加してきた。

このような時期であるので開催を迷ったそうである。しかし全国で結婚式まで自粛することは晩婚化、少子化の世にあって好ましくないと思う。このような時期であるがお祝いしてあげたいと思った。ちなみにこの日の会場では5組の結婚式が開かれていた。

確かに被災地の方々に配慮し華美な催しの縮小、そして東京電力管内の住民は被災地へのエネルギー供給に鑑みて節電やガソリン使用を控えることはしなければならないだろう。

しかしながらこれから春から夏にかけて各種のイベント、お祭りなども縮小していては日本経済がどんどん縮小してしまうので徐々に切り替えていかなければならない。被災地の方々を励ますにはまずは自分たちが元気にならなければならないだろう。

戦後の荒廃に匹敵する今回の地震、原発事故であるが太平洋戦争後に戦後第一作の映画「そよ風」が封切られたのは敗戦から2ヶ月後の10月であった。主題歌のリンゴの唄が大ヒットし国民を元気にしたことは言うまでもないであろう。

大相撲は11月に復活している。八百長問題を解決して被災地のお年寄りや相撲ファンを元気づけてほしい。

コメントは受け付けていません。