2011年4月6日 のアーカイブ

有事は平時の備えにあり

2011年4月6日 水曜日

老荘思想研究家の田口先生に学ぶ書経勉強会に参加してきた。

山口壮代議士が主催している勉強会である。裁判の準備等でしばらく参加できなかったが久しぶりに参加してきた。

田口先生は永年にわたり研鑽された中国古典を基盤としたリーダー指導を行っており現代の安岡正篤のような存在である。

中国古典である書経をテキストとして現代政治への取り組みを教えていただいている。

先生から今回の教訓として「有事は平時の備えにあり」と言われた。

原子力発電の問題で想定外が連発されているがこの言葉を聞くと今回の原発問題を機に国内の危機管理体制を全般に渡って見直さなければならないと痛感した。

またリーダーの徳が大切というのも痛感させられた。通常の消費量であれば東北での供給体制は大分回復している。しかしもしまた供給不足におちいるのではないかという気持ちから常に満タンにしていなければという行動がガソリン不足を引き起こしている。

菅政権は国民に安心感を与えるべく行動してほしい。