2011年4月25日 のアーカイブ

統一地方選挙後半戦終了

2011年4月25日 月曜日

統一地方選挙後半戦が終了した。

帯広市議会議員選挙では民主党・連合推薦候補の全員当選、山崎道議会議員支持議員の躍進で米澤市長のフードバレー構想推進に向けてよりよい体制になった。

女性議員も増加し過去最多の7名の当選となった。藻谷浩介さんは著書「デフレの正体」の中で消費力の強い若者人口が減少する中で女性の社会進出により消費の減少を補うべきと唱えている。女性議員の活躍に期待したい。

帯広市議会は与野党が拮抗する形になったがフードバレー構想については一丸となって推進してもらいたい。

各町村長選挙は全て現職当選となった。災害時は変化を求めないと言われるがその通りになった。引き続き頑張っていただきたい。