電力の発送電分離について

電力会社の発送電分離について菅総理が望ましいと発言している。

各紙の一面で取り扱われていたし電力会社の地域独占体制に対して非常に批判的な記事が多い。

しかしここはじっくり考えなければならないと私は考えている。

理由は後日きちんと整理して述べるが郵政の時と同じように一時の流れで国家エネルギー政策を決めてはならない。

菅総理はどうしても国民受けがいいと思うとすぐダボハゼのように飛びつく。

国家百年の計である。じっくり議論してほしい。

コメントは受け付けていません。