2011年5月26日 のアーカイブ

佐藤優氏の勉強会を再開

2011年5月26日 木曜日

昨日、延期していた佐藤優氏の勉強会を再開した。

カール・マルクスのブリュメール18日を読み現代政治を分析していく会である。

第6章で議会と大統領と憲法との複雑な関係を説明しているが、硬性憲法下では改正にハードルがあるのでもう改正できないのであればクーデターしかないという考え方になり、クーデターを誘発しやすい危険性を指摘。そして佐藤氏は日本で危険なのは天皇の権威を利用してクーデターをしよるとする勢力と説いた。

また現状の政治についても言及し菅総理と小沢一郎元代表との確執に触れ、お互いが名誉ある撤退をすべきといい不信任案賛成による混乱回避が望ましいのではと自身の考えを述べた。

来週の6月1日の党首討論の後に内閣不信任案の提出がささやかれている。

私自身は無所属であるので民主党のルールには縛られない。がしかし実質的には与党民主党と協力しながら政治活動を展開している。

連携がなければ予算の獲得や法律案件において力を発揮できなかったと思う。

地元の支援者の声を聞きながら判断してまいりたい。