2011年5月28日 のアーカイブ

深谷市議釈放について

2011年5月28日 土曜日

埼玉県の深谷市議が公選法違反で逮捕されたが処分保留で釈放された。

支持者らを飲食接待したとして逮捕されたが、事情聴取を受けた支持者側から飲食代を払ったのに払っていないとする証言を強要されたとして埼玉県警が抗議を受けていた。

会費は3000円であったが飲食代は一人あたり4900円かかったので一人あたり1900円を市議側が負担したという。市議側は選挙関連の話はせず会費負担も知らなかったと言っている。

選挙前の微妙な時期であるので軽率さは否めない。選挙の話はしなかったといっても会合の主催が市議側であれば疑われても仕方のないところだ。

しかしである。埼玉県警も選挙違反の摘発をあせるあまり杜撰ではないだろうか。

昨今、選挙違反の摘発が難しくなっている。当たり前であるが今時、1万円札を渡して投票依頼するバカ者はいない。

だからハードルが下がってきた。昔は摘発しなかった電話かけや運動員のアルバイト報酬に対して厳格に適用している。

もちろん法は順守しなければならないが証言の強要はいけない。

志布志事件の教訓を生かして捜査にあたってほしい。