内閣不信任について

来週にも自民党・公明党が内閣不信任決議案を提出する見込みが高くなってきた。

国会の会期末にはセレモニー的に必ず不信任案を提出するがそれは会期内で一回しか出せないので前半に出してしまうともし後半になって内閣が失政をした時に使うことができなくなるからだ。

しかし今回は様相が違う。民主党内で造反する動きがあるからである。

菅さんを信任するのか。ほとんどの民主党議員が自信を持ってそうだとは言えない状況である。

しかし不信任に賛成するということは離党覚悟で行わなければならない。

私自身は無所属であるが先の統一地方選挙においては地元の民主党の選対本部長として指揮をとってきた。

厳しい判断である。

しかし地域の声や国民の声を聞いて判断したい。

コメントは受け付けていません。