2011年6月7日 のアーカイブ

松木ブーム

2011年6月7日 火曜日

先日、足寄町主催のお祭りにお伺いした際に不信任案の話になった時にちょうど松木さんから電話があった。

私のまわりの方は松木さんだったら是非電話を変わってほしいといい「あんたは男だ」と絶賛していた。

確かに今、どこに行っても松木さんの話になることが多い。

ワイドショーでは画になるということでテレビから出演依頼も多く来ているようだ。

もちろん政党人として的確な行動であったかというとそうではない。政党に所属するものとして野党から出された不信任案に賛成するというのは議院内閣制の日本では政党の維持そのものが成り立たない。

誰もが菅さんでは駄目だと思っている。だから信任したくない。

しかし政党人としての自覚や選挙の事を考えると賛成することは党を離れることになり公認が危うくなるというリスクを覚悟しなければならない。

そうした中で国民にはリスクを背負いながらも自分の筋を通した松木さんの行動がわかりやすかったのだと思う。

松木さんの地元の民主党北海道第12区総支部では松木さんに対して憤慨している方もいると聞く。政党の論理から行けば当然とも言えるがしかし国民の声をよく聞いてほしい。

地元の方々にはこの行動に対して双方のために寛大な処置を望むものである。