2011年6月10日 のアーカイブ

国際食品工業展

2011年6月10日 金曜日

国際食品工業展の招待状が来ていたので伺ってきた。

これは食品を加工する機械や装置を集めた見本市であり34回目を迎える今回は645の企業が参加している。

最近お知り合いになった静岡県の酪農機械製造会社からの招待である。

この会社は酪農を支えている女性が副収入を得ることが出来るような仕組みを作りたいということで一人で簡単にできるチーズ機器を製造している。私も酪農家の青年から乳製品に付加価値を付けて売りたいがどうしたらよいだろうかと相談を受けることがある。

酪農家の中で生乳を生産している段階から更にワンステップ進んでチーズやヨーグルトを生産し販売したりまたは牧場を整備し体験型牧場でアイスつくりなどを行うことで観光客を呼び込んだりして収入を確保できればと考えている人は少なくない。なぜなら原料高に伴って乳価が上がらないからである。

民主党に所属していたころ党内に酪農や畜産の部会が無いので自分で酪農畜産対策小委員会を立ち上げた。

毎月、全国の酪農家や畜産農家、各種団体の方をお呼びして今後の酪農畜産のあり方などを模索していた。

その中で討議していたのが6次産業化を進めていくという事であった。

生乳を加工し付加価値を作り所得を上げていくためには導入コストの低減が求められる。

低コストで導入できる製品作りを頑張ってほしいと思う。