2011年6月24日 のアーカイブ

農業の起源

2011年6月24日 金曜日

柄谷行人氏の著作「世界史の構造」をテキストにして新党大地で勉強会を行っている。

佐藤優さんが解説をし読み回すというスタイルであり私の勉強会と同じスタイルである。

冒頭、出席者から質問がありなぜ声を出しての読み回しを行うのかという質問が出された。佐藤氏曰く「見る」と「読む」とは違う。江戸時代の寺小屋では必ず音読をさせていた。読むというのは意味を理解するということである。声を出して読むことによって理解を深めることの大切さをお話された。

さて、昨日は第2部国家の起源についてテキストを参考に勉強を行った。そこで一般的なドグマの排除から始まった。それは農業・牧畜が始まり、人々が定住し、生産力の拡大とともに、都市が発展し、階級的な分解が生じ国家が生まれたという見方の排除である。

柄谷氏は定住化は農業以前に起こっている事であり国家は農業革命の結果ではなく、その逆に、農業革命こそ国家の結果と説く。農業の起源は農村ではなく、さまざまな共同体からの事物や情報が集積し、技術者が集まる都市にあると指摘している。様々な農耕技術、品種開発、家畜化が生じたのは都市であり農業・牧畜は都市に始まり、それが周辺に広がっていったと。

技術と情報を駆使したら農業が広まることを理論的に説明している。

農商工連携や六次産業化によって地域興しを目指す運動が活発だ。

十勝もフードバレー構想を掲げている。

技術の発展と情報収集及び発信のための予算確保にこれからも取り組みたい。