2011年6月30日 のアーカイブ

ヘンプー産業用大麻の活用について

2011年6月30日 木曜日

大麻と聞いいた時のイメージはどうだろうか。

やはりドラッグとしてのイメージが強いだろう。芸能人などが大麻取締法違反で逮捕されるなどの事例も多いので薬物としての認識が強いと思う。

大麻と聞いていいイメージが湧くはずがない。よく役場職員が野生の大麻を処分しているところなんか見たりもしているので大麻=悪というのが私のイメージでありほとんどの方が同様のイメージを持っていると思う。

ところが昨年、十勝在住の方々が「十勝産業用大麻加工研究会」を発足させ産業用大麻の活用に向けて取り組んでいる事実を知った。そして隣の北見市では北海道版の構造改革特区である北海道チャレンジパートナー特区制度の認定を受け取り組んでいる方がいる。

しかし産業用大麻の事業化は簡単ではない。

大麻取締法で禁止されているのはマリファナ効果のある成分を含む「花穂」と「葉」の部分を所持していたり、許可なく栽培している場合である。

国際条約でも日本の大麻取締法でも「茎」と「種子」の産業用の利用は法律違反ではない。だから麻の服を来たり実を食べることが出来る。

しかし大麻草全体として見て規制の対象としているので有害である「花穂」や「葉」を含む大麻草の栽培は都道府県知事の許可となっている。実際に許可を取るのは大変である。しかし許可を取った後も種子の確保や開発、更新は事実上出来ないのが現状だ。北見の特区も暗礁に乗り上げている。

しかし私は産業化を進めるべきだと考えている。

なぜこの産業用大麻に注目しているかというと一つはクリーニングクロップとしての働きである。農作物というのは同じ土地で同じ作物を作り続けると「連作障害」が起きてしまう。病気が発生したり収穫量が落ちてくる。だから「輪作」といい毎年、ローテーションで回していく。大麻草は土をふかふかにさせる力を持っているのが魅力である。

また欧州では産業化が進んでいる。ベンツおよびBMW等の自動車内装材として使用されている。

そして石油製品の代替になることが出来るということである。

明日、先進地域である栃木県鹿沼市にお伺いする予定であるが解決の糸口を探してみたい。