2011年7月5日 のアーカイブ

復興相辞任

2011年7月5日 火曜日

肝心要の復興担当大臣が舌禍事件でスピード辞任となった。

個人の資質に問題があったことは否めないがやはり任命した菅総理に責任があると言わざるを得ない。

引き受けても無かったことも含めて菅総理の責任なのである。

この状況下で復興担当大臣の役割は大きい。被災地の支援策の決定に加えて被災民に与える心理的影響である。

励ましのメッセージを与える大臣でなければならない。

後藤新平はもともと東京市長として帝都の改革案を胸に秘めていた。だからこそ大震災時に思い切った復興案を出せたのである。突然、彼が思いついたのではない。

「どこの市がどこの県かわからない」という人を任命した菅総理の責任は本当に重い。

後任は平野副大臣が持ち上がりになるということだ。副大臣には山口壮さんが内定している。

二人とも優秀な方なので頑張ってほしい。