2011年7月6日 のアーカイブ

牛生レバー禁止へ

2011年7月6日 水曜日

私は牛や鳥のレバーは噛んだ時の感触が嫌いなのでほとんど食べない。

酒飲みなので本当はレバーを食べた方がいいと指摘されるがどうも噛んだ時の「ぐしゃ」という感覚が嫌なのでほとんど注文しない。

しかし牛の生肉である「レバ刺し」はたまに注文することがある。こりこりした食感が気に入って食べている。

今日、厚生労働省の審議会が牛生レバーの提供を食品衛生法で禁止する検討を始めた。

えびすやの食中毒事件を受けて生肉に対する規制を厳しくすべきという意見が多くなってきていることから禁止すべきという判断をした委員が多かったと報道されている。

確かに焼肉店のずさんな調理方法によって命を奪われた方の気持ちを思うと生で食べる事の危険性をきちんと周知徹底しないであいまいな基準で出していた現状を見直すことはもっともである。

子供やお年寄りなど抵抗力の弱い方にはご遠慮いただくようにすべきだとは思う。

しかしながら禁止は行き過ぎかと思う。

罰則を設け、食べることによる危険リスクをお客さんに必ず伝えることを義務付ける。それでもなお提供したいというお店には提供させてもいいのではないかと思う。