2011年7月17日 のアーカイブ

関西日本一新の会で講演

2011年7月17日 日曜日

昨日、小沢氏を支援する会である「関西日本一新の会」にお招きを頂き講演をしてきた。

私なんかの講演でどれだけの方々が来られるのか不安であったが事前申込みで定員オーバーになったということであり会場は超満員の聴衆であった。14日も東京で講演を依頼されて行ってきたのだが著書の発売や裁判報道などにより多少こんな議員でも興味を持って頂いているようだ。しかし森田代表世話人を始め会のスタッフの方々や河上みつえ前議員や司会進行役の三橋まきさん(昨年の参議院候補)など現職でない厳しい環境の中、頑張ってくれている方々、また小沢事務所時代の後輩である馬場慶次郎君などが参加を募ってくれたおかげだと思う。

また大阪以外でも大分の大島さんや兵庫の志信会の大西さんなどがご協力していただいたこともあったからだと思う。

私の話を大勢の方に聞く機会を作っていただいた事に改めて感謝したい。

開始前に大谷啓議員から「うちの支援者で石川さんのサイン欲しいという奇特な人がおるんやけど」と言われ私も同感であった。知名度の低い私なんかのサインに価値があるのかなと思ったが後で会場に居た方に「著書に著者のサインがあると価値が増すから」聞いたのでそれでかと思った。著書をお買い上げいただいた方々にサインをさせて頂いたが昔懐かしい方にもお会いできてびっくりした。

 著書「悪党」の増刷が追い付かず22日くらいにならないと刷り上ってこないので書店に置いていないせいか会場に持っていった本はすべて完売した。感謝である。

さて、1部では私の講演、2部では大谷啓代議士がコーディネーターをし萩原仁代議士、村上史好代議士、熊谷貞俊代議士、渡辺義彦代議士、大西孝典代議士、河上満栄前代議士でのパネルディスカッションとなった。時間が短かったので各先生方も少し話し足りなかったと思うが笑いあり、ここだけ話ありで面白かった。個人的には熊谷先生は味のある話をするなと思い私なんかの講演より面白いなと思ってしまった。

講演終了後、裁判費用カンパを頂いた。

こうした気持に応えるためにも頑張っていきたい。