2011年7月24日 のアーカイブ

産業用大麻の現状について講演

2011年7月24日 日曜日

今日は産業用大麻の現状と課題について講演してきた。

7月1日と2日にこの講演に備えて栃木県鹿沼市と北海道北見市に視察に行ってきたので視察結果も含めて報告をした。

私の調査報告の後には赤星氏と中山氏による講演が行われた。この二人は日本の大麻の世界では第一人者であり今回は大麻草から作られたオイルで北海道を横断するヘンプカーイベントの一環として十勝に立ち寄っていただいたものだ。

大麻への誤解をとくというのは簡単なことではない。イメージとしては麻薬のイメージが強く大麻の解禁などというとこの人は何を考えているのだろうと思われるかもしれない。

ここで一冊の書をお薦めしたい。

「大麻ヒステリー」思考停止になる日本人 ―  武田邦彦(中部大学教授)

大麻がなぜ第二次世界大戦後に禁止になり現在に至っているかをわかりやすく説明しなおかつ科学的見地から

無毒大麻と有毒大麻との違いを説明しカンナビノール0.3未満のものは規制されている対象から外すことを提案しています。

産業用大麻は海外で車の内装の原料として使われるなどしている。

これから冷静な議論をしていくべきである。