最終弁論を終えて

最終弁論は16時30分に終了した。

注目の裁判であるので傍聴も抽選であり私の知り合いも抽選漏れしたそうである。

13時30分より3人の弁護団から最終弁論の要旨が読み上げられた。

3人分なのでさすがに長い。大久保弁護団の読み上げが終了した後で休憩に入りその後、石川、池田と続いた。

最後に裁判長から「被告人は前に出てください」「何か最後に言いたいことはありますか」と告げられた。

以下、私のコメントを掲載させていただくことにする。

従前、私が行いました収支報告書の処理において誤解を与えることになり図らずも結果として世間をお騒がせいたしましたことについてはお詫びを申し上げる次第でございます。

しかし私は収支報告書を処理する際に釈然としなかった部分について、自分としては、良かれと思い、適切な記載をしたつもりでおり、決してその処理が何らかの動機があって意図的に行ったものでは無いことを終始一貫して主張し続けてまいりましたし、そのことをこの裁判で明らかにする努力をしてまいりましたことを最後に改めて裁判官に申し上げたいと思います。

2011年8月22日

石川知裕

コメントは受け付けていません。