2011年11月7日 のアーカイブ

交渉山場へ

2011年11月7日 月曜日

午後2時からTPP交渉決議の参加表明に関してAPECの場で行うべきでない国会決議を目指す会に出席してきた。

呼びかけ人はみんなの党を除く全会派である。みんなの党は川田議員が反対を表明しているが他はおおむね推進派だ。

推進派、反対派両陣営の動きが活発化してきている。

ここにきて推進派の「早く表明しないと協議に参加できない」という主張が揺らぎつつある。それは米国内の協議を経てからでないと協議のテーブルにつけないからである。議会承認も含めると6か月参加できないことになる。

私は自由貿易は推進すべきと考えている。特にコメの改革は行うべきだ。作らないものに補助金を出し続けるのには限界があるからだ。

しかしTPPが国益にかなうのかという点でやはり賛成できない。TPPで下げた関税は他国とのEPAにも基準とされてしまう。ということは事実上、関税撤廃となるTPPが締結されれば日本はEUや他の国と交渉時にカードが無い状態で交渉することになる。

だが9日までに集約すると執行部は明言している。

執行部が決めても体を張って阻止する議員はいるだろうか。