2011年11月17日 のアーカイブ

カナダ参加表明と韓国

2011年11月17日 木曜日

TPPはより大きな経済圏へ移行しようとしている。

最終的にはFTAAP(アジア太平洋自由貿易地域)が予想されている。

私は中身がまだはっきりしない段階での交渉参加には反対だ。しかし野田政権が早々に参加を表明(事前協議にとどまったという解釈は通用しない。)した以上、もう戻れないであろう。

しかし韓国の動きは参考になる。

韓国国内で今、大騒ぎになっている理由は実際に交渉内容が国民に知らされずにきていよいよ調印となった時に「実は韓国の郵政は新しい商品を作れない」など不利な内容がわかってきたからである。

またISD条項の問題などまだクリアできていないものもあり来年4月に総選挙、12月に大統領選挙を控える与党ハンナラ党が強行採決を出来ないでいる。最近行われたソウル市長選挙で与党候補が大敗したのも進まない原因だ。

韓国は日本と似ていると言われるがそれは工業製品輸出によって国家を富ませている点である。そして食糧自給率がお互い低い。しかし農業状況が全て似ているかというとそうではない。小麦も作らないし砂糖も全て輸入に頼っている。守るべき基幹作物が日本より少ない。

日本世論もTPPは進めるべきだという意見が多い中で野田政権が情報を出していない、中身がわからないという意見が多数を占めているのもアメリカの交渉力に負けてしまう恐れが潜在的にあるからだと思う。

そういう中でカナダが交渉に参加する意向を表明した。カナダは資源輸出国であり農産物の輸出は脅威であるがこのカナダも酪農や鶏卵、鶏肉を守るために例外が認められないとして参加表明していなかった。

しかし日本の表明を見て表明した。メキシコも表明しコロンビアやフィリピンも関心を高めている。

守るべき物はある程度認める。こうした方向で交渉がなされるためには同じ考えの国が加わるのはいいことだと思う。

まだ我々は衆議院での国会批准という武器がある。あまりにも日本農業並びに日本を破壊する内容であれば決して通さない覚悟で頑張りたいが一方で政権が進めるならば韓国などを誘う戦略も考えるべきだろう。