新党騒動

12月中旬から体調のすぐれない日が続いていたがようやく良くなってきた。

昨日も一昨日もは早めに就寝したのが良かったのだろうか。

昨年も年末は最悪の状況だったが自分の身体の弱さにつくづく嫌気がさす。鈴木宗男先生の元気な姿を見るとやはり運動不足からくるのかなと感じさせられる。

体調のいい悪いに関係なく携帯電話が鳴る。新党に加わるのかどうかについて聞いてくる。

私は白紙である。応援を頂いている後援者の方の意向を聞かずに態度は明確に出来ない。

但し政治は動いている。12月28日午前中の段階で民主党の中から9名程度の議員が離党する見込みだ。

離党の理由は消費税増税反対や原発対応の不備、TPP参加反対など様々である。それぞれが考えを持って行動しているのだろうと思う。

消費税に関してはソブリンリスクの回避の為に政府が財政の健全化を目指すことに多くの国民は容認している。しかし手続きの瑕疵とやるべきことをやらずに安易に増税を決めていいのかというところに多くの民主党議員が疑問を持っているのだろうと思う。

民主党が国民の信を失っているのは事実だ。

出来上がった新党が自民党を自浄させようとした新自由クラブのような存在になることを期待したい。

コメントは受け付けていません。