2012年1月29日 のアーカイブ

政党の流動化と選挙区制度

2012年1月29日 日曜日

かつて田中角栄は「自民党の派閥は5つ以上にならない」と断言。

その根拠は「中選挙区制度において定数5が最大だから」と解説していたそうだ。

私は小沢一郎の傍にいて少数政党の悲愁を味わってきた。新進党解党後は自由党を結党。しかし50人の政党は分裂により24人に激減。保守党結成へとなった。太陽党や民政党、公明、新党友愛などが出来てその後、民主党へと大同団結に至った。

なぜ大同団結となったのか。

小選挙区性ゆえである。選挙区から一人の当選者を出す小選挙区制においては過半数の得票率が必要になる。自由党から立候補してもとても当選におぼつかない。自民党の一党支配を崩し新たな政治を行ううえでは必要があったからだ。

少数政党で当選しているのは地盤の強い2世、テレビ出演の多い著名人などに限られてくる。みんなの党の渡辺さんや江田さんなどはそのいい例だろう。

昨年末から新党「きずな」や私の所属する新党大地・真民主などが出来た。

そして今また亀井新党、平沼新党、石原新党、橋本大阪維新の会、河村減税日本など多くの新党構想が連日、新聞をにぎわしている。

次期総選挙は多党化の中で選挙戦が戦われるかもしれない。

そして実施したい優先政策が一致した政党同士で連立を組み優先政策を実施したあとはまた新たな合従連衡になるかもしれない。

しかし選挙制度が変わらない限りまた2大政党化へ向かうと私は予測する。