言うだけ番長とオオカミ中年

前原政調会長の産経新聞排除問題が波紋を呼んでいる。

この騒動は「言うだけ番長」と,前原氏にあだ名を付けた産経新聞の報道が事実に基づかないものもあるなど,腹に据えかねる事が原因となったということのようだ。ペンの暴力と指摘している。

確かに,産経新聞のいわゆる「飛ばし記事」は目に余るものがある。私自身も,小沢の目の前で何時間も土下座したなど,事実に全く基づかないものを,本人や周りに確認せず一面で記事化された経緯がある。

しかし,産経新聞の記者と付き合わないわけにはいかない。こちらが宣伝してほしい時にはお願いしなければならないからだ。メディアはもろ刃の剣と思うしかない。もちろん事実に基づかない報道は控えるべきであるが,政治家の場合は公人なので,多少愚弄されるのも仕方のないことである。

自自公連立政権の時に,連立離脱をちらつかせる小沢一郎は「オオカミ中年」と揶揄された。本人も悔しかったろうと思う。一度もそうした批判に対する愚痴は聞いたことが無いが,察することは出来る。

しかし,いつしか「オオカミ中年」と呼ばれることは無くなった。本当に離脱してしまったからである。

前原政調会長にとっては,政策の転換や断念の責任を取らされる苛立ちもあるかもしれない。

しかし,ここは我慢だろう。前原さんは間違いなく将来の総理候補である。

マニフェストを守るために「絶対に転換しない」と言って,何か一つでも守った時には誰も「言うだけ番長」と呼ばなくなると思う。

国民の為に断行あるのみだ。

コメントは受け付けていません。