2012年3月12日 のアーカイブ

追悼式

2012年3月12日 月曜日

昨日は、国立劇場にて行われた東日本大震災の追悼式典に出席。

天皇陛下のお言葉に続いて内閣総理大臣、衆参両議長、最高裁判所長官などが式辞を述べた。

今朝の朝日新聞の一面には、宮城県の遺族代表である奥田さんの言葉が掲載されていた。

岩手県、宮城県、福島県の遺族代表がそれぞれ被災地を代表して言葉を述べたが、奥田さんの言葉には多くの参加者が心を打たれた。結婚したばかりの身としては、震災の一週間前に結婚式を終えた長男が津波によって命を奪われた話を聞くと、言葉にならない。お嫁さんは妊娠6か月だったので、子供の顔を見ることが出来ずにこの世を去ったことになる。

しかし、そのお子さんが無事生まれた事により残された家族に「生きる意味を残した」と語っていたのが印象的だった。