捜査報告書問題

小沢裁判も結審を終え判決待ちとなった。

この裁判の中で捜査報告書の虚偽記入問題が浮上した。

検察審査会に提出した捜査報告書に実際に無いやりとりを記録しているというものである。

検察審査会の判断に影響を与えたであろうことは間違いないだろう。

捜査報告書は内部文書という位置づけと検察は言うが検察審査会に提出したのであれば立派な公文書である。

どうしてこのような事が起こったのか。

メルマガ「汚名返上」で書いてみたのでご覧いただければと思う。

有料メールマガジン
『「真」党議員・石川ともひろの「汚名返上!」』のご案内

インターネットマガジン発行サイト「まぐまぐ!」より有料メールマガジン『「真」党議員・石川ともひろの「汚名返上!」』を発行しております。
月間購読料として 840円を頂戴し、そこからクレジットカード手数料と「まぐまぐ!」の手数料を差し引いた分を、政治活動に使わせていただきます。
※ 購読料 840円は確定申告の寄付金控除の対象にはなりません。
予めご了承ください。

以下のバナーから購読のお申し込みをお願いいたします。
「真」党議員・石川ともひろの「汚名返上!」
http://www.mag2.com/m/0001333734.html

「真」党議員・石川ともひろの「汚名返上!」

[ お問い合わせ ]

購読申し込みに関するお問い合わせは、まぐまぐ社の電話窓口まで
お願いいたします。

TEL : 075-253-1244(平日 10時 〜 17時)

コメントは受け付けていません。