ねつ造リスト問題

大阪市長選挙時に作成されたとして問題となった「支援者リスト」が、ねつ造されたものだとして問題になっている。

作成したのは大阪市の非常勤職員。大阪市交通局の調査により判明した。

大阪市においては、橋下市長と労働組合がするどく対立している。

交通局への便宜供与など、労働組合側の規律問題などについてメスを入れている。行き過ぎた規律違反に対して世論は圧倒的に橋本市長を支持しているし、報道機関も橋下市長の発言を肯定的に報じている。

しかし、今回のリストねつ造問題に関しては慎重に判断して報道することを期待したい。これは、「偽メール事件」と似た構図になっている。

勢いのある維新でなければどう報道されていたであろうか。

公の場で追及するからには慎重を期すのは当然と言えるし、これを問題無しとすると「信ぴょう性は定かではありませんが」で質問できることになる。取り上げられた側は、一時的にせよ、嫌疑が晴れるまでダメージを被ることになる。

報道各社は、問題発覚からの経緯を慎重に事実確認をして報道することを期待する。

コメントは受け付けていません。