2012年5月28日 のアーカイブ

野田ー小沢会談

2012年5月28日 月曜日

今週中にも野田総理と小沢元代表が会談し、税と社会保障の一体改革について輿石幹事長を交えて話し合いをすることが決まっている。

小沢元代表は現状での消費税の引き上げには反対を表明をしているので、野田総理は「平行線になるかもしれない」と自身のグループでの会合で語っており、小沢元代表が法案に無条件で賛成をするという見通しは低い。

では、条件次第で賛成に転じるかどうかということになるが、それも可能性としては低いかもしれない。その場合には、野田総理が法案の中身を変えることになる。そうなると、民主党内の調整も再度行う必要になるし、野党の協力を得ることが難しくなるかもしれない。

いまの状況下では、会談が決裂し野田総理が党内情勢を見極めたうえで過半数を獲得できる状況を再確認して採決を行うことになるのかもしれない。しかし、参議院ではどうしても野党の協力が必要になってくるが、そのためには解散の確約が必要になってくるのでこれも高いハードルである。

私は、今回の法案に関しては選挙前に考え方を提示して国民に信を問う形で選挙戦にのぞむのが筋だろうと思っている。決めた後では国民に選択肢を示せない。
4年間は上げないという事で投票した方も多いであろうし、増税時期は4年経過後だから約束は違反していないと言っても、国民にはしっくりこないからだ。そして、国際下落のリスクは気になるものの、歳出構造のカットを行わないままの増税ではいつまで経っても増税の必要が出てくるからだ。

小沢元代表には、なぜ反対なのかを国民にわかりやすく説明をする必要があるかもしれない。イメージとしては、直間比率の是正をしていくことが必要なので消費税を上げて所得税と住民税を下げていくべきと言っていた印象が強いからだ。

会談の中身がどうなるのか大変気になるところであるが、国民にとっていい結論が出る事を期待したい。