2012年10月4日 のアーカイブ

人事から見える事

2012年10月4日 木曜日

野田内閣の三役人事が決定した。

今日から私の部屋にも、就任した副大臣や政務官がご挨拶に来られた。

就任した直後に議員会館を歩くのは慣例になっている。もちろん全議員を廻るわけではない。所属省庁に関係する委員会の議員だとか、普段から親しい議員などを中心に廻るわけである。

今回の大臣人事については「思い出内閣」・「在庫一掃人事」などと揶揄されている。以前も書いたが、鳩山内閣は一内閣・一大臣と掲げて能力に応じて大臣をしてもらうと言っていたのが遠い昔なので、触れる人もいなくなっている。

副大臣・政務官人事では、随分とドラマがあったようだ。詳しい内容についてはメルマガ「汚名返上」で取り上げることにするが、官邸が離党防御の為にポストで釣ろうとしていたことが伺える。そして、「選挙」と天秤にかけて断った議員もいる。中には、野田内閣では三役には入れないと純粋に考えて断った方もいるかもしれない。

与党と野党の中間的な存在で、目下、刑事被告人であり政務官など及びもかからない私からすると、行政府の中で働けることはやりがいがある事であり、断るというのはもったいないと感じる。なぜなら、国会議員として与党に所属しているのであれば、政務三役に入り法律の制定や政策決定に関ることは最も目指すところであるからだ。

霞が関の人事は変われど、日本経済は動いているし世界も動いている。

新三役には行政が滞らないように期待したい。