2012年10月30日 のアーカイブ

和牛の五輪

2012年10月30日 火曜日

和牛のオリンピックと言われる全国和牛登録協会主催の全国和牛能力共進会長崎県大会に行ってきた。

5年に一度開かれるこの大会は、全国の肉牛農家にとって重要だ。なぜなら審査結果が和牛のブランド化に大きく影響するからである。秘書をしていた時に岩手県で大会があったが、残念ながら見には行っていない。地元での共進会(牛の格付け品評会である)には何度かお邪魔したことはあったが、「和牛のオリンピック」と言われるものがどういうものか興味があったのと、関係者から「一度は見に行くべき」という強い要望があり伺ってみた。

前日は帯広市で予定があったので、帯広空港から飛ぶことに。一緒の便に足寄町長と議長さんが乗っていたので目的地まで一緒に行動したが、やはり遠い。10時30分の一便で帯広空港を出て、羽田経由で長崎空港に着いたのが15時30分。会場入りしたのが16時30分頃であり、そろそろ日も傾きかけてきたころだ。

私の秘書時代の先輩であり地元・佐世保市の県議会議員の先輩宅に宿泊。というのも、全国大会の影響で市内のホテルが満杯であったからだ。

翌日、早朝から会場入りしたが9時の競技開始時には会場は満員になっていた。

競技の内容は、オス牛やメス牛の年齢別や種類別に出場資格を限定し、順位を決めていく。5人くらいの審査員が色艶や形などを見て三回選抜して、優勝を決める。一回目、二回目とふるい落とされ、最後に残った牛の中で順位が付けられ優勝が決まるのだ。中には審査員が迷う場面もあり、審査員が応援している牛の前に止まると「おおー」と声が上がったり、素通りすると「ああー」と落胆の声が出たりするのが面白かった。

都道府県別に出ているので、出身県の牛が選抜されるたびに歓声が沸く。オリンピックと言うよりも甲子園と言った方がいいかもしれない。

牛肉の消費を国内で増やしていく事は容易ではない。人口減に加え、消費者の高齢化が進んでいるからだ。2月に沖縄県に行った際に立ち寄ったスーパーでは、高齢者対策として赤身肉の多い肉牛のコーナーを作っていた。そうなると世界に向けて和牛の市場を開拓していくことが必要となってくる。イスラム圏への輸出を考える上では、ハラル認証の取得が出来る施設整備も課題となってくる。

今後、屠畜施設の整備時には、こうした点を考慮して予算を付けて輸出促進に努めたい。