2012年12月 のアーカイブ

首班指名

2012年12月29日 土曜日

総選挙が終わった後は30日以内に特別国会が開かれ、総理を決めることになっている。

12月16日に選挙結果が出て自民党が圧勝したので、その時点で自民党総裁である安倍氏が次期総理大臣に就任することは既定路線であった。

首班指名では所属政党の代表に投票することが一般的である。イレギュラーな時もあるが、通常は所属政党のトップに入れるのが普通だ。私も民主党に所属をしていた時には民主党代表に投票してきた。無所属の時にはしばられない立場であったので「小沢一郎」に投票したこともある。

今回は「新党大地」公認で立候補した。本来であれば新党大地代表である鈴木宗男と書くのが筋である。しかし、鈴木代表は国会で議席を有していないために書くことが出来ない。

次に考えられるのは、国会の中では無所属扱いであるがローカル政党の代表として自分の名前を書くことである。

しかし党内で協議し鈴木代表に一任となり、代表の出した答えは「安倍晋三」と書くことであった。抵抗感が無かったかと問われれば「大いにあった。」と答えざるを得ない。しかし鈴木代表からは「小泉構造改革路線を批判し徹底的に小泉と闘ってきて平成17年の総選挙で自分は国会に返り咲いた。しかし、その時の首班指名では直近の民意を尊重しようと考え小泉に入れた。今回も多くの国民が自民党を信任したので直近の民意を尊重しよう」というお話があった。ご自身の経験と国民全体の空気を読んで深いお考えのあることと思い、決定に従うことにした。なぜなら私は小選挙区で勝利したのではなく北海道比例ブロックで当選させていたいているので、新党大地の決定をより尊重しなければいけない立場にあるからである。

これを持って安倍氏の掲げる「憲法9条改正」や「国防軍創設」に賛意を示したわけではない。

これからも安倍政権とはしっかりと対峙していくつもりであります。

どうかご理解いただきたくお願い申し上げます。

国会開会式

2012年12月28日 金曜日

解散後、ブログの更新が滞っておりましたことお詫びいたします。

今般の衆議院選挙におきまして残念ながら小選挙区では当選できませんでしたが比例区で復活当選することが出来ました。

再び国政の場で仕事が出来るのも応援頂いた皆様のお蔭だと心の中で噛みしめている。当選後、翌日から街頭演説を行いました。そして休まずあいさつ回りを行っておりましたが、特別国会がすぐに召集されたのでお伺い出来ていない方には大変申し訳ない気持ちで一杯です。

さて、本日、国会の開会式があり出席してきました。480人中、266人が落選及び引退で入れ替わったので知らない議員さんが多いと改めて感じました。

委員会の割り当ては無所属扱いなので希望の農林水産委員会には入れず法務員会に所属となった。取り調べの可視化には取り組んできた。せかっく与えられたポジションなのでしっかり仕事をしていきたい。

今後とも宜しくお願い申し上げます。