2013年1月 のアーカイブ

高裁の審理を終えて

2013年1月29日 火曜日

昨日、東京高等裁判所での私の審理が結審した。

昨年11月14日の高等裁判所での審理入りからわずか2ケ月である。高裁ではほとんど審理しないので、よっぽどの新しい証拠が無いとトントンと進んでしまうと言われていたがその通りだ。

逮捕された当事者は突然、自分の身に何がふりかかったのかわからないものだ。私自身も、何でこんなことを罪に問うているのか最初はよくわからなかった。

そうした心理状況の中で、徐々に追い詰められていく。わけのわからないまま検察官の言うままに調書を取られ、証拠固めをされていく。そして裁判がどういうものかわからないうちに法廷に行く。

勾留時の検事とのやり取りを思い出す。「石川さん。事実が必ずしも裁判の結果とはならないんだよ。」と言う言葉だ。裁判は提出された証拠に基づいて判断を下していく。だからこそ検察は、自分たちに不利な証拠は提出しないのだ。だからこそ我々被告人サイドは自分達で自分の身を守るための証拠を探すのだ。

今回の高裁に備えて新たな証拠探しを弁護団と必死に行ったが、ほとんどが却下されてしまった。

しかし、裁判所はどんな些細なものであれ吟味すべきではないのだろうか。そうでなければ高裁の意味は無いとさえ思ってしまう。

今回の当選で法務委員会に所属することになった。しっかりと司法改革の提言をしていきたい。

妻が立ちます

2013年1月26日 土曜日

1月28日は久しぶりの裁判である。

国会開会日と重なってしまったが仕方がない。

この日は妻が証言台に立つ予定である。メルマガには裁判のことについて触れておいたのでメルマガ読者の方は明日の「汚名返上」を読んでもらいたい。

今日は上京して明後日の裁判に備える予定だ。

しっかり対応したい。

始動

2013年1月16日 水曜日

新年あけましてあめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご挨拶が遅れまして本当に失礼いたしました。筆不精に加え、選挙後のあいさつ回りでついついブログが疎かになっておりました。まずはお詫び申し上げます。

元旦を宮中での新年祝賀の儀に参加させて頂いた後は、地元に戻りあいさつ回りをしておりました。十勝は広く、まだまだ回り切れておりません。「挨拶が無い!」と御叱りを受けることもあります。どうかお許しいただきたく存じます。

国会では法務委員会に所属することとなりました。

しっかり頑張ってまいりたいと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。